更新履歴欄

洞窟物語
世界樹の迷宮
セブンスドラゴン
その他二次創作
【更新履歴】
17/2/28 音楽ノート|2015年~今年にかけて録音していたオリジナル曲や、20年前、子供の頃に作った曲など……たぶん30曲くらい追加。

2016年1月3日日曜日

『零~濡鴉ノ巫女~』の話をする Part2

昨年9月に一度、このゲームの話をした。

ざっくりまとめると、操作性の悪い理不尽なアクションであり、女の子はエロい、ということになる。
年末にようやくクリアしたのだが、大筋で感想は変わらない。

まず、操作性について。
これはクリア後、幾つか他のレビュアーのレポートを読んでみて、それにも書かれていたことであるが……確かに慣れればなんとかなる範囲であった。
歩きは遅い、視界は定まらない、いま自分はなぜ不利なのか? というストレスを、ゲーム視点のアングルと怨霊との距離感、それからゲームシステムの理解によって補えば、確かに進行はスムーズになる。

例えばラスボスは初見NORMAL難度でやってもどうもうまくいかなった。
まず水中戦で、「もったりもったりと足を動かす主人公」vs「上空から高速突進してくるし、雑魚をいっぺんに5体召喚するし、その雑魚が主人公を囲んできて、特定行動をとらない限り定期的にダメージ&ノックバックさせられるし、という状態」をやらされる。
爽快感ゼロどころか負の値である。

これがEASYにしたところ、一発でクリアできた。
召喚される雑魚が少なく、ボスの突進を制止できるチャンスは極端に多い。なので、敵との距離も取りやすいし、攻撃に適したタイミングも理解しやすく、気持ちにもマージンを持ってプレイできる。
で、それでクリアしてからNORMALで再挑戦すると、これがノーミスでクリアできたりする。