更新履歴欄

洞窟物語
世界樹の迷宮
セブンスドラゴン
その他二次創作
【更新履歴】
17/2/28 音楽ノート|2015年~今年にかけて録音していたオリジナル曲や、20年前、子供の頃に作った曲など……たぶん30曲くらい追加。

2014年11月23日日曜日

16巻を買ったので、『金魚屋古書店』の感想を書く。

『金魚屋古書店』という漫画作品があるが、これが、なかなか好きである。
(IKKIコミックス/芳崎せいむ)

どういう漫画かというと、「漫画専門の古書店“金魚屋”を舞台に、実在の漫画本を題材に、登場人物達の行動や心の機微を描いたヒューマンドラマ」であり、安定した筆致と、話のテンポの良さ、質の安定が良い。
個人的な感想として欠点を書くなら、男性キャラがイケメンかそうでないかしかおらず、そのせいで「イケメンキャラ」の個性が薄くなりがちになっている。また、話の収拾を付けるための必然ではあるが、ご都合主義が過ぎ、そこまで要らないだろうというところまで人物相関が出来上がっている(そのキャラとそのキャラが知り合いだった、なんてまでこじつける必要はないだろう、のような)時がある。

だが、登場人物たちは全力で怒ったり、照れたり、想ったりしており、その上で実在の漫画が題材であることが、共感のための潤滑油になっている。

割と好きなシーンが単行本3巻所載の「楳図サロン」で、怖がりだが軟派な男が、一目惚れした女性の手引きにより、楳図かずおの漫画を語り合う「楳図サロン」に参加してしまう話である。
この中で『洗礼』など様々な楳図漫画を読んだ男は、「こわがっだもんのずんごぐ。」と感想をいいながら、以下のように語る。
「だけど同時に感動した。なんていうかさ…登場人物誰もかれもが…みんな一人残らずすさまじく全力投球なんだよな。(中略)へび女も、紅グモも『イアラ』に出てくるどの男と女も全員。誰もがみんな自分の人生を生き抜く事を必死で貫こうとしている。滅びの瞬間さえもいつも必ず前のめりだ。ずっとテキトーに生きてきた俺の人生省みちゃったよ。」

そうした、「実際に存在する漫画について、ものを想う」登場人物たちが毎話登場するので、「あーっ、漫画はいいなあ」と思える、そういう作品である。