更新履歴欄

洞窟物語
世界樹の迷宮
セブンスドラゴン
その他二次創作
【更新履歴】
17/2/28 音楽ノート|2015年~今年にかけて録音していたオリジナル曲や、20年前、子供の頃に作った曲など……たぶん30曲くらい追加。

2014年11月23日日曜日

16巻を買ったので、『金魚屋古書店』の感想を書く。

『金魚屋古書店』という漫画作品があるが、これが、なかなか好きである。
(IKKIコミックス/芳崎せいむ)

どういう漫画かというと、「漫画専門の古書店“金魚屋”を舞台に、実在の漫画本を題材に、登場人物達の行動や心の機微を描いたヒューマンドラマ」であり、安定した筆致と、話のテンポの良さ、質の安定が良い。
個人的な感想として欠点を書くなら、男性キャラがイケメンかそうでないかしかおらず、そのせいで「イケメンキャラ」の個性が薄くなりがちになっている。また、話の収拾を付けるための必然ではあるが、ご都合主義が過ぎ、そこまで要らないだろうというところまで人物相関が出来上がっている(そのキャラとそのキャラが知り合いだった、なんてまでこじつける必要はないだろう、のような)時がある。

だが、登場人物たちは全力で怒ったり、照れたり、想ったりしており、その上で実在の漫画が題材であることが、共感のための潤滑油になっている。

割と好きなシーンが単行本3巻所載の「楳図サロン」で、怖がりだが軟派な男が、一目惚れした女性の手引きにより、楳図かずおの漫画を語り合う「楳図サロン」に参加してしまう話である。
この中で『洗礼』など様々な楳図漫画を読んだ男は、「こわがっだもんのずんごぐ。」と感想をいいながら、以下のように語る。
「だけど同時に感動した。なんていうかさ…登場人物誰もかれもが…みんな一人残らずすさまじく全力投球なんだよな。(中略)へび女も、紅グモも『イアラ』に出てくるどの男と女も全員。誰もがみんな自分の人生を生き抜く事を必死で貫こうとしている。滅びの瞬間さえもいつも必ず前のめりだ。ずっとテキトーに生きてきた俺の人生省みちゃったよ。」

そうした、「実際に存在する漫画について、ものを想う」登場人物たちが毎話登場するので、「あーっ、漫画はいいなあ」と思える、そういう作品である。

2014年10月3日金曜日

札幌市中央区市電通りの「てまひま」について

先日の「一条まるふじ」と母体の会社が同じらしい、「てまひま」という店がある。
場所も歩いて行ける程度しか離れていないが、一方こちらは市電の停留所目の前、地下鉄出口からも一直線と、少しだけアクセスが良い。

しかし、「てまひま」は初見殺しの感が強い。

いずれの店も「昼はランチタイムをしている居酒屋」になるが、「てまひま」は昼に入ると、すぐに「650円です」と言われる。
店の玄関で、言われる。
定額前金制なので、常に店のお姉さんがレジに立ち、店に入る客ひとりひとりからお金を受け取る。
その後、「新規エーサンでぇーす!」のような声を出し、そのまま客は店内に放り込まれる。

しかし、自席に座って良いわけではない。
店の奥、厨房の付近へと数段の階段を登って行き、更にその奥、お盆を手に取らなければならない。

ランチは「肉」と「魚」の2種類があり、カウンターに並べられたうち、好きな方1皿を取って良い。
取ると、すぐに早口で「オワンヤ?」と聞かれる。
これは、単純に滑舌の悪い「ごはんは?」である。
それでも急に聞かれると困るのだが、ともかく、とっさなもので「はい」としか言えそうにないくらい、虚をついて問われる「Q.ごはん」には、「普通で」か「大盛りで」を答える必要がある。

私の場合はSさんについて行ったから良かったものの、一人で初めて行ったとしたら、訳もわからず席につき、身を縮こませて空腹に耐えるしか無かった所だ。

そして、メインのランチとご飯を盆に乗せた後は、好きな3品を選ぶ。
カウンターの続きには、小鉢に入った5、6種類くらいの料理が並んでいる。
おひたし、つけもの、肉じゃが、杏仁豆腐などあり、好きなものを選んで良い。

これが、どうも初見殺しである。

半田屋のような、取った分だけ金がかかる店はまだ解るのだ。
取った=支払いだし、何品目取ろうが己の空腹なのだし、責任は取れる。
しかし前金を支払っている以上、ルールがあるわけで、何か間違っていれば店員に咎められるのが道理であろう。

目の前には肉料理、魚料理、別に仕切りを設けているでもなく地続きに並べられた様々な小鉢。
肉と魚がトレードオフであり、いずれか一方しか選んではいけない。
小鉢のうち、3品目まで選んで良い。
しかもこれだって、Sさんに聞いて初めて得られた情報だ。
理解はしていても、この「好きな3つの小鉢」を選ぶのに、何か悪いことをしているような、正か否か半信半疑の心持ちになる。

――どうにか全品を選び、席(A3?)につき、食べる。

Sさんは「うん、美味い、今日はあたりでしたね」という。

メインである肉と魚は日替わりで、時々によってメニューが違うのだが、小鉢も相当変わることがあるらしく、常に好みのものがあるとは限らないのだそうだ。
しかし「杏仁豆腐」だけは常に固定メニューとしてあり――

「この前Tさんと、この店行ったんですよ、したっけいいもんが無くて」
とSさんが言う。
“したっけ”は北海道弁で「そうすると」である。
「しょうがないんで、Tさん杏仁豆腐3つ持ってきて。ごはんと肉料理と、杏仁豆腐3つ」
「そういうこともあるんですね」
「なんで、今日はあたりの日です、煮物が美味い」

Tさんは40歳近い独身男性で、背が高く、髪もいつだって「ワイルド」なふうにセットしているおしゃれな人で、且つ冗談を言った後「とかいって、はい」と付けるのが癖の人だ。
そういった人が、あまり好みでない料理を前にして、さんざん迷った末に杏仁豆腐を3つ持ってくる事のある店なのである。

少なくともこの日行った時は、悪くなく、美味しく食べられたものだが、初見殺しを恐れない杏仁豆腐好きは、行って損ではないと思う。

2014年10月1日水曜日

札幌の中華料理屋「一条まるふじ」について

普段の生活圏が札幌市内、特に大通や狸小路付近であり、美味い飲食店は多い。
とはいえ北海道らしく「海鮮丼」となると、これは個人的には札幌をおすすめしない。近隣でいえば小樽が良い。
(札幌の目立った市場通りよりも、小樽の観光街や朝市のほうが1000円安く食べられるため)

そんなわけで主に私が行くのは、北海道のビジネス街の定食屋やチェーン店であって、例えばこれを読んだ方が北海道旅行に来てわざわざ行きたいものでも無いと思うのだけれど、とりあえずメモしていくものである。

ということで今日は昼ごろに、「一条まるふじ」に行ってきた。

場所は札幌市中央区役所の近く。
治安はそう良くなく、宗教団体にも声をかけられやすいスポットだが、地下鉄、各種コンビニ、酒や冷凍魚の売っている100円ショップ(23時まで営業)があり、少し歩くぶんには便利である。

もともと郵便局が目当てだったのだが、ATMコーナーが混んでおり、あてもなく時間つぶしに歩いた先に、店があった。

しかし、「大衆中華と惣菜 一条まるふじ」。なんか、力強いねえ。

入り口付近は、厨房の周りにカウンターがぐるりと。
奥はテーブル席や小上がりがあり、意外と広いようである。
壁には短冊ごとに一品ずつ書かれた、居酒屋でよく見るメニュー群。

席につくと机上に「一条まるふじのお昼メニュー」があり、「若鶏の葱醤油がけ定食」を頼む。
注文をとった店のおばさんが厨房に声をかける。
「ユーリンチ一丁!」
いや、そうだよね。油淋鶏だよね。

カウンターには業務用のでかい保温ジャーがあり、ちょうど10kg分はありそうな米を蓄えた釜が入れられた。
隣の客に酢豚定食が運ばれたと思うと、おばさんは「ごはんおかわり自由ですー」と言いながら盆を置く。
まもなく、店奥のテーブル席の方からも、「~お待たせいたしました、ごはんおかわり自由ですー」と聞こえた。
ごはん、おかわり自由である。

定食には、野菜炒め、しば漬け、卵スープが付いた。
基本、美味い。
油淋鶏を半分ほど食べたところで、ご飯のおかわりを頼んだ。
「ランチタイムにご飯おかわり自由な、店員の距離の近い定食屋でご飯をおかわりした者」は解っていると思うが、この世には、「おかわりをすると量がリセット、乃至増える」店が存在する。
例えば札幌駅前の地下街、ルーカレー屋の「コロンボ」がそうだ。
あそこは何かというと機を見て「ルー足しましょうか?」と聞いてくるが、それに応えたら最後、ルーの分量が食べ始め直後までリセットされる。
一条まるふじは、「増える」方の店だった。

店のおばさんが「あら、盛りましょうか」と言うや、厨房の親父が「よし、盛れ盛れ」と囃し立てる。
さすがに大盛りが売りの店で見られる「昔話盛り」ではないにしても、茶碗から小山になる程度には米が盛られた。

食べたが――

その以降は眠く過ごす事になった。
一応、郵便局には寄ることが出来た。


帰りに、100円ショップ方面へと歩いていると、横断歩道の途中で知り合いの「トンベリさん」に出会う。
背の小さい割に目がでかく、緑系のコートを来て髪型はぺたっと丸っこい、その容姿から「トンベリみたい」と言われる娘さんなのだが、きょろきょろしながら横断歩道を渡っていたと思うと、声をかけてきた。

「いまっ、その車の人に盗撮されました。そこの女の人もされてましたっ」

トンベリさんは平素態度がでかく、行動も全般的に「ずかずか」している。
言いながらも、車と、女性と、腕をぴんと伸ばしていちいち指差ししてみせた。
車のほうを見ると、落ち着かない様子の運転手が見えた。

威嚇としては十分に思えたものだが、やはりこの辺りは治安が悪い。
他にも美味い店はあるが、女性は気をつけられたし。

2014年9月28日日曜日

「テンガで殴れば元に戻ります」

※「テンガ」を知らない方については、一旦置いてきぼりとします。

知り合いに、「あるリサイクルショップで働いていた人」と「そこによく買い物に行っていた人」がいる。
それを知ると、客だったほうの人、Sさんが、
「あの店にさ――」
と切り出した。

「アダルトグッズコーナーあるじゃん、あそこで俺、店員と喧嘩したことあるんだよ」
「あぁ、あいつら、馬鹿ッスからね」
確かにその店にはそういうコーナーがあり、ちなみに、勿論リサイクルではなく新品で売っているのだが、それはともかく店員だった方の人が軽く笑いながら応えた。
「基本、オカしい奴らしかいなくて、それで俺はやめましたけど」
「いやその店員もオカしくてさ、ガチャがあったんだよ、コーナーに」
「はい、ありました」
「ゲームとか本とか、各コーナーにそういうガチャはあって、で、引くと割引券が貰えるんだな……俺はそれで500円分の券を引いて、お、いいじゃんと――600円のオナホと100円玉と、その券を置いたんだ」
「レジに」
「そしたら店員が、これは使えません、と言いやがって」
「へえ」
「何かと思ったら、引換券なんだよ。500円の、指定された品と引換するの」

Sさんはいっさいの間を置かず、更に話を続ける。
「何で他のコーナーだと割引で、ここだけ引換なんだと」
「はい」
「ふざけんなとっ、俺は怒ったんだよ。だけどその店員は、いやっ、だめです、しか」
「言わなくて」
「それしか言わなくて、何言っても、いやだめです。あぁー、壊れちまったのかなこの人って」
「はい、壊れてるんです」
「俺も壊れたやつ相手にしてもあれなんで、渋々帰ったわな」
「はい、あいつら馬鹿なんで、テンガで殴れば元に戻ります」

なんだよ、テンガで殴るって。

当然の通り、別にこの話にそれ以上の救いはなく、Sさんが被害者でもなければ同情すべき方向性も無いと思うのだが、上記までの話を聞き、とにかく「テンガで殴ったら正気に戻る」と思われている人種がいることに感動をしたのである。

例えば、自分は何で殴ったら元に戻るだろうか、と。

「下半身だけ見て」

2年ぶりと思うが、久々にブログを始めることにする。
元々ブログを止めたのも、Twitterで大方のことは呟けたからなので、おおよそ、今回も頻繁な更新とはしないと思うが、何かだらだらと書きたくなることがあれば、記事を作成するようになると思う。

日々、いま、何をしているかというと、大方これまでツイートしてきた通り、「仕事してる」と言ったならゲームをしているかピアノを弾いているかでお金を貰っているような、そういう状況である。

つまり遊びながら生活しているわけで、ゲームの話でバカのような雑談をしたりもするわけである。
今回の場合は、
「FF X-2ってやったことある?」
と私が問うと、後輩が応えた。

「ありますよ、やりました」
「結構やりこんだり?」
「やりこんだって言うと――」
「程度は任せるけど」

「全部のエンディングは見ましたよ」
「やりこんでる、って言えるわな」
「ティーダが帰ってくるのと……」
「あぁ、そもそも、あれってマルチエンディングなの?」
「はい、ティーダがちゃんと帰ってくるのと――」

「ちゃんと帰ってこないのと?」
「そうじゃなくて、帰ってくるにも2パターンあるんですよ」
「上半身だけ帰ってくるのと?」
「怖い!」
「上半身だけってのと――」

「下半身だけ戻ってくるんですか、どこ見て、ティーダだって判るんですか」
「だから、ユウナが“えっ、ティーダ!?”」
「下半身だけ見て」
「そう」
「いやだわ」

そういうような、バカのような話をしているので、また、思いつき次第書くこととする。